最新記事
CssTagCloud
気になるキーワードをクリックしてください
関連記事が新着順に表示されます

Facebook  日本製  春香秋月.com  国産  燕三条  スーパーセラミックコート  フェニックス  新潟  IH専用  一ふく美  料理  手作り石けん  KIRARI  コールドプロセス  KI・RA・RI  一ぷくめし  NPO法人高砂楽農研究所  Silit  IH対応  モニター・コラボ企画  鹸化  地下温泉水  鹿児島ラーメン  オーダー石けん  シリット  ドイツ製  ヒノヒカリ  ミネラルウオーター  食材  HARIO  ケトル  シラルガン  ズワイガニ  鹿児島  モニター  苛性ソーダ  豆腐  日本の食文化    ペーパーフィルター不要  曽於市  里芋  GemJamLabel  オーダー石けんサンプル  お取り寄せ  手料理  石けんサンプル  IH対応  北釧水産  フライパン  ナポリタン  ステンレス  肌荒れ  豆腐ステーキ  自家製米  ラーメン  トレハロース  たまご  花粉症  リンゴ  たまご石けん  ひじき  ダメージ肌  オーダ石けん  温泉水  地下水  安全な水  おいしい水  ミニマックス  オメガ3  軟水  垂水  黒豚  EPA  DHA  手羽子ちゃん  B級グルメ  肌の痒み改善  アトピー  多機能ボール  石けんに向く油向かない油  手作り石けんサンプル  蒸し料理  スティックブロッコリー  スティックセニョール  3way水切りボール  Japan  フラックスオイル  フラックスシードオイル  亜麻仁油  made  in  南部鉄器  電子レンジ専用  あごだし  お雑煮  カツオ菜  炒め物  マイカ  酸化鉄  ひょうたんかぼちゃ  かぼちゃ  オリーブオイルの石けん  料理モニター  アルカネットルートパウダー  西洋紫根  煮込み料理  ウルトラマリン  野田琺瑯  パンケーキ  ホットケーキ  とんこつラーメン  イチゴ  さがほのか  マイスター協会  劇薬の取り扱い  藤井恵プロデュース  ホーロー  ピッコロパン  新商品  Web☆Shop  熟成期間  M&Pソープ  ベタイン  モニター企画  鹿児島垂水の水  鹿児島黒豚  試食  国産ポテトチップ    オリーブオイル  ガラス  ミルクポット  伊賀焼  ご飯釜  コーヒードリッパー  ノーザンルビー  キタムラサキ  服部幸應  食育  アイアンシェフで使用  15年保証  アラントイン  ジオプロダクト  北海道  らんらんチップ  トヨシロ  こがね丸  かにしゃぶ  地下温泉水【一ふく美】  米とぎボール  

プロフィール

春香秋月.com

Author:春香秋月.com
IH専用鍋を皮切りに、
現在は鹿児島のうまいもん

キッチンツールと手作り石けん
ネットショップを運営しています

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 名物・お土産へにほんブログ村

検索フォーム
QRコード
QR
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドメイド石けんマイスター協会会員証到着

DSC_1377-01.jpg
ハンドメイド石けんマイスター協会とは・・・
コールドプロセス製法による手作り石けんづくりを趣味とする方のために、
その技術と知識の向上をサポートし、
安全で楽しい石けんづくりを普及することを目的とした協会。
協会の定めたカリキュラムを終了することで、
協会のマイスターとして指導する立場にもなれるのですが、
私はそこまでは考えてはいません。
でも、
常に新しい情報と、知識を得る必要性は強く感じるので・・・の会員登録です。

手作り石けん(主にコールドプロセス法)において
一番危険で、場合よっては大きな事故につながるのは
「苛性ソーダの取り扱いミス」です。

苛性ソーダは劇薬指定されていて、
購入時は書類への記入捺印が必要です。
(10キロ以上扱う場合は、危険物取扱者の資格が必要)

私の場合は、
約9年半食品衛生関係の仕事に従事していて、
細菌検査などの研究所での作業経験があることや、
化粧品メーカーでの勤務経験があり、
例えば、
苛性ソーダにかぎらず、劇薬を扱う際は保護具を使うだとか、
水溶液を作る場合は「水に薬品を入れる」のが常識ですが、
一般の方ではこういった
劇薬の取り扱いを学ぶ機会はそうそうありません。

石けんを作る際の苛性ソーダ水溶液は30%程度ですが、
素手で扱わないでくださいと警告が書かれているような
パイプ清掃用の洗剤に比べると約50倍の濃度の強アルカリで
1滴目に入れば失明してもおかしくないくらい危険なものです
肌についた場合は中に染みこむように肌が侵されます

もし溶けきっていない苛性ソーダの粒が
手作り石けんの中に残っていたら?


そういった不必要な事故や事件のようなものが
起こってしまうと、
手作り石けん自体が危険なものと思われてしまう…
そういうことは断固避けたいです
手作り石けんは楽しくて、安全なものであって欲しいです(・∀・)


※補足
 上に書いた「危険物取扱者」で、
 苛性ソーダは乙種第3(自然発火性物質・禁水性物質)の危険物となりますが、
 この資格試験は誰でも受験ができてマークシート方式なので、
 試験の勉強をする、試験に合格する・・・というのと、
 実際に安全に苛性ソーダを取り扱えるかというのはまた別の問題です
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 手作り石けん 鹸化 コールドプロセス 春香秋月.com 劇薬の取り扱い 苛性ソーダ Facebook マイスター協会

石けんの色のこと

この元気なオレンジは、
カロチーノプレミアムという油の色
カロチン・・・ビタミンA・・・人参やかぼちゃの色
20120629-01.jpg
日光に当たると、
徐々に白っぽく退色していきます


色々なブラウン・・・
ココア、きな粉、さらしあん・・・食べ物の色
20100203だんだん
グレーは竹炭
黄色~ピンク・・・クレイ(泥や粘土)

これらは天然の色素です
ナチュラルな印象はありますよね
ナチュラル=肌にやさしいという印象があるかもしれませんが
実はそうではなくて
クレイ(泥・粘土)の色の濃いものは肌に刺激が強いものもあります

また色素自体が不安定なので、
変色・変質することもあり、
変質したものが肌に与える影響については
あまり情報がありませんので一概には言えないのですが、
肌に良いとはちょっと思えないなあ・・・という印象です



こちらはアイシャドウなどに使われている
色素を少量使って色付けをしたもの
20130108-01.jpg
ピンク色はクレイや、
スパイスのパプリカを使うという方法もあるのですが
グリーン、ブルー系の色は天然色素では
綺麗に発色しなかったり、
石けんの熟成期間中に退色してしまったりということが多いです

鉱物系の・・・と聞くと
あまり肌に良いものではないような印象を受けますが、
天然素材の精製度の高いものであったりもするわけで
食品由来の色素のように変色・変質することはなく、
とても安定したものなのです

本来石けんは「汚れを落とすもの」であり、
アイシャドウといえば石けんで落とす「汚れ」であるわけです
素材が何であるかにかかわらず、
「色」というものは
石けんから見れば
落とすべきターゲットなので
食品由来だとか鉱物ということ以前に
石けんの洗浄力を邪魔しない少量の利用が好ましいと思っています
関連記事

タグ: 手作り石けん コールドプロセス Facebook 春香秋月.com 鹸化 酸化鉄 マイカ ウルトラマリン

完売ありがとうございました

20121213-01.jpg
1年4ヶ月ほど熟成させた石けんを少しだけショップに出そうかと…

その前に

Facebookでいつも仲良くしてくださっている方々で欲しい方がおられたら…
というお声かけをさせていただきましたら
5個だけだったということもありますが
30分ほどで全部行き先が決まってしまいました

他のがあれば違うのでも…といって下さった方もおられたので、
違う石けんも少し出させていただいたり、
なんかオマケのほうが多いよ?とかいうことになったりもしたんですがw
皆さん喜んでいただけたようで
ほんとにありがとうございました(´;ω;`)

化粧石けんとして
薬事法的な認可を受けた設備で作った石けんではありませんので
『雑貨』という扱いになります
手肌やお顔に使うという前提での商品案内はしてはいけなくて、
ふきんや食器洗い用という扱いになので、
「自己責任で」という実に無責任に聞こえるご案内を
しないといけないのがどうも心に引っかかって・・・
ブロック単位でのオーダーがあれば、
材料費+少し・・・をいただいて作る
といったことしかしていませんでした

Facebookだと、今までのお付き合いもありますし、
メッセージでそういったことをご理解いただいた上で
石けんをお渡し出来ます
Facebookは非常に恵まれた環境のように思いました



こちらは一番最近作った石けん
これからゆっくり熟成させて・・・
2013年3月くらいにご案内できると思います
20121222-01.jpg
ランダムなアイボリーの水玉部分は
オイルの配合が違って、三温糖が入っています
今は色が違ってよくわかりますが
熟成させるうちに区別がつかなくなるかもしれません(;^ω^)


年末年始の間に2種類ほど作ろうかと思っています
短くても1ヶ月、
希望としては3ヶ月寝かします

なので・・・
石けん作りの感覚では
もうそろそろ春がやってきますよ(・∀・)
関連記事

タグ: Facebook 手作り石けん オーダー石けん コールドプロセス オリーブオイルの石けん 鹸化

石けんの色のコト

20110516アルカネット
アルカネット ルート パウダー=西洋紫根の根の粉末

この色素をオイルで抽出しています
粉末になっているので、オイルに混ぜて半日ほど置いただけ
この落ち着いた赤紫色はアルカニンという色素で、
酸性~中性でこの色、アルカリ性だと青~鼠色になります

石けんはアルカリ性です
リキッドソープなら、中性に近い弱アルカリに出来るので、
どのくらいの色になるか試してみようというわけです
かなり鼠色寄りにはなるとは思うのですが・・・
まず色を抽出・・・の段階です

固形石けんであれば
色付けには化粧用のクレイ(泥や粘土)を使います
黄色・ピンク~赤の色があって、
クレイには汚れを吸着する効果があるといわれていますので、
色付け以上に石けんに入れる意味合いがあります
ハーブの粉末や、スパイスの類、コーヒーやココアなどで
色をつける事も可能ですが、
保存が利かなくなるので私はあまり好みません

化粧品用の合成色素(アイシャドウなどのカラー材)を使えば
綺麗な石けんが出来ます
でも、あまり好きではないです
これらの色素は洗顔の時には「落とそうとしているターゲット」なわけで、
それを石けんに入れるのって・・・どうなの?と・・・
なので、クラフト的に綺麗な石けんを作りたい時以外は使っていません

特に色のモノを入れないで石けんを作ると、
石けんはアイボリー~茶系統の色になります
はちみつや豆乳入りの石けんが好きなので、
特に茶色くなることが多いです

綺麗な色の石けんが良いとおっしゃる方にはまず、
カロチーノというカロチン(ビタミンA)をたくさん含んでいるオイルを使った
元気でジューシーなオレンジ色の石けんをオススメしています
ビタミンAは肌の補修に役立つビタミンですから、
ただ色がついているだけではないという事も含めて、
季節問わず、老若男女にお使いいただける石けんです

色のほかに、重視されるのは香りですね
無添加のものが良いとおっしゃる方は多いので、
香料を入れない事ももちろん可能ですが、
そうは言っても石けんを手にすると、
みなさん無意識に臭いを嗅がれます

香りの事については
また機会があれば記事にしますね



関連記事

タグ: 手作り石けん コールドプロセス 鹸化 アルカネットルートパウダー 西洋紫根

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。